虫歯ができるのは3歳までに決まる?

虫歯が出来る人とできない人の違いは色々な説があります。

キラハクレンズの効果は評判以上!

僕がその中でこれ面白いなと思い実践している事があります。それは赤ちゃんに3歳までチューをしないと言うことです。

僕は今、二児の父親をしています。この知識を知っていたので実際に自分の娘に実践してみました。
長女は今、6歳です。半年に一回歯医者に行ってチェックをしてもらっています。

そこで先生に言われるのは虫歯が一切無くてとても綺麗です。と、言われます。
まだ信じれないなと思っていました。そこである日、保育園に歯医者の先生が来て20人近くの子供たちをチェックする事がありました。

その時に驚いたのは虫歯がない子は5人ぐらいで他の子供たちは虫歯が出来ていました。ちゃんと歯を磨いていればできないと、思っていたのでこの結果には正直ビックリしました。
先生に聞くと虫歯ができる子は歯をちゃんと磨いてもできると言っていました。

だからこの3歳まで口にチューをしないと言う説は本当かもしれません。実際、うちの娘は虫歯が未だにできていません。かなり有力な説だと僕は思っています。

僕はこれは凄いと思い友達にもやった方がいいと話しました。
ある時、その友達と遊んでいると昔、僕が話したチューをしない説を本当に試しているみたいでその結果、一切できないみたいです。
僕の推測では親の口に原因があるみたいで、親が口に含んだ食べ物を子供に与える事もよくないと思います。むしろ、チューよりヤバいかもしれません。

かなり高確率で結果が出ているので、もし今後
子供が生まれる方がいるなら試してみる価値はかなりあると思います。

ご愛読ありがとうございました。


在宅ワークで口臭が悪化する可能性

近頃は昔に比べ、

在宅ワークが増えてきています。

ひと昔までは、

子育て中でパートに出られない主婦の方が在宅ワークをしているイメージが多かったのですが、

いまはそうともいえなくなってきました。

ところで、

在宅ワークが増えると、

口臭に悩む人が増えるのではないかという情報がちらほらと聞こえてくる気がします。

在宅ワークと口臭にいったいどんな関係があるのでしょうか。

実は、

人間は緊張したり、

口内に刺激がなくなると、

唾液の分泌量が下がることが分かっています。

この唾液の量が少なくなり口内が乾燥すると、

口内の細菌の量が増加し、

口臭の原因になるそうです。

ところが、

じっとパソコンやタブレット、

スマホの画面をみていると、

人間は体のどこも動かしません。

瞬きの回数も減り、

ドライアイになるのは分かりやすいですが、

口内も同じ現象が起きているそうで、

確かに唾を飲み込む回数も少なくなっている気がしました。

試しに歯磨き後に一時間程パソコンの前で作業をした後、

そばにいた兄弟に口臭の有無を聞いてみたところ、

口臭がするといわれ、

ショックを受けました。

口臭の原因は他にも色んな理由があるため、

すぐパソコンが原因だという事はできませんが、

原因の一つになる可能性は少なくとも十分あるのではないかと思いました。

試しに他の在宅ワーク中の友人に聞いてみたところ、

在宅中は人に会わないから口臭がはっきり気になるか確かめようがないと思ったら、

アリート

やはり友人も家族に口臭を指摘されたらしく、

リステリンを買い込んでいたそうです。

在宅中でも口臭が気にならなくなる方法はないか調べてみたのですが、

歯磨きがしっかりできている人で、

スマホなどの見過ぎによる口臭が原因の方は、

ベロ回しをして、

口内の唾液の分泌を時々促してみると、

改善されるそうなので、

作業をやりつつ、

ベロ回しをしてみることにしました。

ただ、

やりすぎると舌が筋肉痛になるので、

がむしゃらに頑張りすぎない程度で試してみる事をお勧めします。


これってどうなんでしょう

「オエー!オエー!」毎日毎朝、洗面所から聞こえてくる旦那が歯磨きをしている声。今にも吐きそうな程の嗚咽、五分後に洗面所から出てくると、まるでマラソンでもしてきたかのような息切れ。今はいつもの当たり前の光景であるが、一体なにをしているのか旦那に聞いた事がある。旦那いわく、口臭予防に歯ブラシで舌磨きを念入りにしている為喉の近くを磨くと嗚咽が出ると言う。

きれい好きで56歳で加齢臭もなく爽やかな中年男ではあるが、確かに口臭もない。やはり舌磨きは効果ありなのか。

評判どう?キラハクレンズを実際に使った私の口コミ&効果!

しかし、私にはとても気になる事がある。

ある雑誌で舌磨きについての記事があった。磨き過ぎによる味覚障害についてである。

旦那は、私の作った料理を美味しいと言った事がない。

料理は旨味より塩味と言い醤油をドボドボとかけて食べる。年齢的に塩分は気にしなければならないのに心配になるほど醤油をかける。

理由があるらしく、塩味が強くないと味がしないと言うのだ。だから常に醤油の小瓶を持ち歩く。私からみたら奇行としか見えない。だから以前に読んだ記事が気になる。うちの旦那は味覚障害なのではないか。もちろん口臭予防はするべきと思う。だけど長年の舌磨きの結果がこれなのならば、これってどうなんでしょうね、と思えて仕方ない。

ちなみにだが、急須で入れたカテキンたっぷりの温かい緑茶をまめに飲むのが、なんの根拠もない私の口臭予防対策だ。


歯科衛生士さんのおかげで口臭への不安が減りました

 今、月に1回歯科医院に通って、クリーニングをしてもらっています。コロナ感染症対策でマスクをする時間が増え、自分の口臭が気になるようになりました。http://www.caicalif.org/

職場でマスクをつけて仕事をし、昼食時にマスクを外します。昼食後、さっきまでつけていたマスクを再度つけたとき、あれっと思うことがありました。臭いぞと思い出すと、そのことがずっと気になります。

新しい不織布のマスクにつけかえると、新しいマスクのにおいで口臭は気にならなくなりますが、本当に嫌なにおいを振りまいていないか、不安になります。1日つけていたマスクを取っておいて、翌日の朝、酷いにおいがしないか確かめてみるようになりました。

マスクにウイルスが付いているかもしれないので、使ったマスクはビニール袋に入れて捨てた方がいいのはわかっています。でも、口臭が気になって、翌日の朝」、マスクのにおいを確かめずにはいられませんでした。

今日は臭い、今日は臭くないと、毎日、一喜一憂していました。口のにおいを気にしてばかりもいられないので、かかりつけの歯医者さんに相談してみました。歯周病がないことや舌の状態についていろいろと教えてもらいました。

歯科衛生士の方にクリーニングをしてもらうと気持ちいいです。時間はなるべく速くとお願いしているので、15分ほどできれいにしてもらえています。家ではフロスをしてから歯磨きをするといいと言われました。口臭を消すための刺激の強いタブレットをかむよりも、上手な歯磨きをすることをすすめられました。歯医者さんで歯科衛生士の方に「俺の口、臭くありませんか」と毎回きいています。大丈夫と言ってもらえるように歯磨きも頑張っています。おかげで歯茎の色がきれいになったと褒められました。おかげで口臭の不安は、軽くなりました。


歯の隙間の食事カスが口臭の原因だった

私の悩みは口臭です。最初は自分では気づかなかったのですが、妻から指摘されて口臭に気づきました。マウスウオッシュなどを導入しても、使った直後は口の中が爽やかになり、マウスウォッシュに含まれるミントの香りがするのですが、1時間もするとその効果も消えて、また、口臭が気になる状態になってしまうのです。

キラハクレンズの効果を辛口評価!最安値で購入可能な通販サイトは?

ある時、歯が欠けて歯医者に行ったのですが、歯医者にて歯と歯の隙間に細い棒を突っ込まれました。何をしているのだろうと思って尋ねると、歯と歯の間に食事のカスがたくさん詰まっていたのです。私の歯は、歯と歯の隙間が小さい上、スルメなどの硬いものを好んで食べるので、歯の隙間に食事のカスが詰まってしまい、しかも歯磨きでは取れないことがわかりました。

歯医者では、歯ブラシでは取れないので歯間ブラシを使ってくださいねと指導を受けました。

その日以降、寝る前に歯間ブラシで歯のケアをするようになりました。すると、面白いようにごっそりと取れるのです。取れたもののニオイを嗅いでみると強烈に臭かったので、これが、私の口臭の原因だと確信しました。毎日欠かさず、歯間ブラシを用いた歯のケアを続けることで、私の口臭の問題も解決しました。


口の中が臭くなる理由・予防法

 口の中が臭くなるのには、幾つか理由があります。http://www.vinicoladelnordest.com/

 まずは、歯磨きが十分でないことが理由として考えられます。食べ残しが口の中に残っていると、口の中にいる微生物が食べ残しを餌にしてどんどん増えていきます。微生物は少数であれば、においが気になりませんが、大量に増殖してしまうと、独特のにおいを出してしまいます。それが、においの原因になります。

 また、ニンニクのように臭いの強烈な食べ物を食べても、口臭、特に吐息が臭くなります。口臭が気になる方は、そのような食べ物を避けるのがよいでしょう。

 口臭を防ぐ一番の歯磨きの基本はブラッシングで、歯茎を傷つけないように注意しながら(いくらゴシゴシ磨くと言っても出血するほど強烈に磨くのはよくありませんから)、しっかり磨くとよいでしょう。前歯など、歯どうしの隙間が大きそうな箇所は、歯間ブラシで処理するのもお勧めです。歯磨きをするときは、GUM(サンスター)やNONIO(ライオン)のような歯磨き粉を使うとよいでしょう。また、舌についた汚れである舌苔(ぜったい)も口臭の原因になるので、舌ブラシを使うのも効果的です。歯ブラシは1日に3回するのが口臭予防にいいと考えられています。

 口の中を健康にして、口臭を防いでいきましょう。